ABOUT

祖父は中川太郎平。私も中川太郎平。

My grandfather’s name is TAROHEI NAKAGAWA as same as mine.

「子孫の祈祷は先祖の祭りなり」
人は一枚の「葉」。先祖の幹や根より、枝となり「葉」となる。
「葉」の一文字に「言」を「言葉」、「隠」を「葉隠」 なる二文字は感慨深い。
私の心は父祖の精神に同じくし、父祖が遺した身体。ここに語らせていただき父祖を祭る。私事、父祖に祖父に乗じ「言葉」とす。
祖父は、身体より霊気を発し放射。その感圧感は独特な存在感。
節度のある自由人。実直な人柄。先を見据えても、俯瞰思考。

“Descendants’ prayer will be
their ancestors’ joy.”
I think we human beings represent leaves which come from branches, trunks, and roots which could be symbolized our ancestors. My grandfather largely composed myself. So my story should be started from his story.
TAROHEI NAKAGAWA was a free, a honest, and a knowledgeable man.

祖父と共に。
大阪の実家、南同心町に本店を置き、名古屋の鶴舞にて支店を構え事業を営む。
週末、私を連れ彦根の家にて過ごすのが常。敷地内の厨子には、自賛ならぬ自己の起源。
屋敷の西方に構えた厨子には黄金色の如来が座し、奥には数体の甲冑、その一体の甲冑中に髑髏が顔を覗かせ、額にダイヤモンドが輝く。厨子に所蔵される、家系図、古文書を読む、解く。
先祖は、幕末の動乱の折、井伊直弼の側近に有り国策に携わった僧であり武士。
その昔祖先は、水害の度に流される木の橋。木に変えて石の橋を造らせた功績。太郎助橋。
所蔵される、軸の一本に歴史学者頼山陽の筆。この軸一本にて当時は家が建ほど、
現在も所有する頼山陽、富岡鉄斎共に現在そこまで価格価値は無い。
浦上玉堂の軸は一本も無かった。
余談ながら、川端康成所蔵した玉堂の冬景色図は特に素晴らしく、国宝。

In my memory of TAROHEI NAKAGAWA.
He managed his own business in both Osaka and Nagoya.
He had a villa in Hikone. He and I regularly visited there on the weekend. On the premise, he built a small shrine to worship our ancestors. In the shrine some beautiful treasures, a family-tree and so on were held.
Our ancestors’ professions were high priests and samurai who related to a national policy. My policy strongly succeeds to their characters of respectable contribution to others.

先祖、祖父から受け継ぎ「つながり」 そして敬重な方々へと「つながる」

I really respect my ancestors. Their attitudes does “link” with my life style.

私の学業は
幼児期より登校拒否、学業は疎か、のどかな早春期を過ごす。
幸いにも、家族の力を借り私立の大学に入学しました。
一方、私の家族は良い教育を受け、僧侶、学者、外交官、医者、成功した実業家。
私は唯一“異端者”です。

About my education, in the beginning I refused to go to akindergarden.
Since that time I had spent my school life as a freeman.
Fortunately I got entering a private college with my family’s help.
Actually my family had a good education and their professions consisted of a scholar, doctor, diplomat, and successful businessman.
I am only a “maverick.”

私の活動は
棚谷喬氏へと「つながる」 創成期、どの業界にも頼もしい方がいた、広告業界も同様。
博報堂より始まり、電通にて頼もしい一人、棚谷氏との出会いを機に広告制作会社を設立。
旧電通本社横、外堀通りに社屋を構え、高度成長期と同じくし活動開始する。
会社役員と社員に精鋭を集わせ広告業界に一石を投じる。

However I joined the famous advertisement company, Hakuhodo.
My creative ability started there. Then I did “link” with Mr. Takashi Tanatani .
I managed my own business with him and set up my office near the company.
I created a stir in the advertising world with my fellows.

芸術評論家の瀬木慎一先生へと「つながる」
人生、藝術、酒と旬の食、慈しみと吟味、多くの高尚を先生より、
「日本画家は富岡鉄斎と浦上玉堂しかいない、よ」 先生らしい一言。
上手な画家はいても、本当にいい画家はいない、少ない。解る人も少ない。
邪念に惑わされずに、自身らしいく生きる指針を頂戴した。

広告創世記を共にした棚谷氏が若くして世を去られてしまった。事を機に、企業より生活者への広告制作「言葉」より、自身にて創作し描き作品「言葉」の画業へと。
短絡的に画業の道に入り、創作した作品を生活者へ届くまで全てをプロデュース。
画家としての活動は銀座文藝春秋画廊と銀座三越デパートから始まる。
当時の三越デパート美術部は、芸術の振興に一役買っていた。
同時に、展覧会開催にあたり、音頭を取って頂いた名士の御助力も有り、
描いた作品は三百点あまり全ての作品は手元より離れた。

I did “link” with Mr. Shinich Segi.
Mr. Segi was a famous art critic. He initiated me about not only art but also life, food, Sake, and so on. He said “Tomioka Tessai and Uragami Gyokudō. The two are only masters of Japanese painting.”

“There are good skilled painters but good painters are rare.” Driving out the evil thoughts and driving on my way.

After Mr. Tanatani passed away I switched my career from an advertisement field to an artistic one. So I became an artist.
I created around 300 art works and managed to sell all of them. All of my art career started in Ginza, Tokyo.

画業にて出会った顧客の方々へと「つながる」
画廊創業の折に、瀬木慎一先生は、画廊業なんとも言えない、と一言。
美術評論家の瀬木先生ご自身も副業にて画廊経営に苦労された。
自身が所蔵する美術作品に加え近代、現代の作品を仕入れ画廊業を開始。
美術作品の売買と同時に、営利より離れ海外作家の紹介し芸術文化交流に貢献する。

I did “link” with art dealers.
I tried to open my art gallery.
At that time my mentor, Mr. Segi said,
“It’s a tough job.”
Because he used to try this before. Anyway I became a gallery owner and began to collect modern or contemporary art works.
I did not only buy and sell art stuff but also introduced up and coming oversea artists to Japan.

人柄、才能ある作家方々へと「つながる」
社会人に向けた「アートスクール銀座」を開校。
「芸術の有る生活」を活動の概念とし、日本の通称「アートスクール」の先駆け。
芸術の更新と普及に貢献活動を実践し、同時に作家方々への雇用を確保。
アートスクール銀座、南青山書画院、東京京橋書画院、南青山こども教室を運営経営。

I did “link” with many brilliant artists.
I opened Art School Ginza for adult people who want to study art.
“Art is in Life, Life is in Art.” This is the motto of Art School Ginza.
Through the school I tried to familiarize art to daily life and to support young artists. So far I am running 4 art schools, Art School Ginza, Minami Aoyama Shoga-in,Kyobashi Shoga-in, Minamiaoyama Kids School.

NYギャラリストのラファエロ•フッド氏へと「つながる」
NYダンボアートフェスティバルに参加。NY最大のアートフェアーにラファエロ•フッド氏のギャラリーよりオファー。出品作品は禅題材に書作品。
参加作品は、桐板に墨にて表現。一メーター角の大作、十数点準備。
作品は四枚から成り立ち、一枚一枚に意有り、四枚となり、さらに意を成す。
作品の仕掛にて、来場者へとの禅問答を想定し会場にて楽しみ、試みる。
氏の画廊活動にも貢献すし、幾人かの美術関係者と「つながる」

I did “link” with Mr. Raphael Foddé who managed his gallery in NY.
He introduced my “monochromatic” work (Chinese ink on wood boards) tothe largest art festival in NY.
I challenged to communicate with NY viewers through the work based on Zen spirituality.

ディオニシス氏へと「つながる」
ギリシャ人の芸術博士、ディオニシス•フリストフィロヤ二ス氏の思想、考察が深層にある作品。
中川画廊に招き企画展を開催。氏の作品を解明かし日本のコレクターに納める。

I did “link” with Dr. Dionisis Christofilogiannis. He came from Greece.
I had a couple of his shows in my gallery, Nakagawa Gallery 
and introduced his thoughtful art works to Japanese collectors.

ルーマニア芸術界の総督ヨアン氏へと「つながる」
東欧の文化の街、クルージュ•ナポカの芸術大学と国立美術館より、
私への招待状が届き、総督ヨアン氏とのコラボレーションのオファーを受ける。
文化の街、クルージュ•ナポカに地響きが起きるほどの成果と報道を得る。
政治、芸術、文化への影響力を有す。奥深く大きな人物、総督ヨアン氏による成果。

I did “link” with Mr. Ioan Sba^rciu who is a very important person in the Rumanian art world.
I was invited from the art university and the national museum in Cluj-Napoca to have a show with Mr. Ioan.
The show could have a big success. I really appreciate this great man who has a great influence to Romanian politics, culture and art.

美術大学学長のソロ・ラドゥ氏と総督ヨアン氏へと「つながる」
多忙なヨアン氏とソロ・ラドゥ氏の両名を東京へ招くことが実現し、中川画廊にて企画展を開催。
この時、瀬木慎一先生は病をおして駆けつけてくださり、先生と仕事の最後の関わりとなる。

クルージュナポカ美術大学学長のソロ•ラドゥ氏へと「つながる」
氏は、私の写真作品の被写体となり、私の代表作の一つ。

Through Mr. Ioan I did “link” with Mr. Radu Calin Solovastru, the president of Art and Design University of Cluj-Napoca.
He became my favorite model for photograph works. I invited both of them to Tokyo and had the two men show in Nakagawa gallery.
Pleasantly my mentor, Mr. Segi visited this show even though he was sick. Unfortunately it became the last meeting with him.

マルタ共和国の教授博士ラファエロ•ベラ氏へと「つながる」
要塞都市マルタ島のバレッタにあるセント•ジエーム教会美術館にて開催。
重厚な石造りの環境に、和紙を軸に仕立てた禅語作品を展示する。

I did “link” with Dr.Raphael Vella from Republic of Malta.
I had my show in St. James Cavalier, Center for Creativity in Malta.
In this huge stone-hall I displayed the works of Zen words on Japanese
paper.

マルタ国立美術館のサンドロ•デボノ氏へと「つながる」
マルタ共和国の国立美術館に、ギリシャ、マルタ、イギリス、ニューヨークより
志を共にする各国の作家が集い意義深い作品展が実現し友好を深める。

I did “link” with Mr. Sandro Debono, the president of National Museum of
Fine Arts, Malta.
In the museum I had the exhibition with artists from Greece, Malta, England, NY. I enjoyed to share art with them and had a great friendship with them.

つぎは貴方へと! 「つながっていく」

To be continue my “link” with you!

私の活動信条
物事、媒体、表現などに固執せず、領域を広く捉え行動する。
「中川太郎平」と固定概念を持たれるのを嫌い、名打つのは極力控え、
何者にも執着なく、謙虚に、恩寵をいただいている。

My art policy:
Tarohei Nakagawa do not like any stereotypes and all titles.
I am just honestly and truly to do all things as one of human beings.

私の活動
書道/絵画/版画/フォトグラフィー/インスタレーション他
芸術教室/アートスクール銀座/南青山書画院/東京京橋書画院の運営経営。
書道教本/絵画カリキュラムの企画制作。
教室環境企画設計/広告媒体企画制作。
詩作/現代詩 作曲/現代音楽
音楽/ピアノ演奏他 様々
舞踊/日本舞踊

My art acts:
Calligraphy, Painting, Print, Photography, Installation, Poetry,
Musical Composition, Dance, Playing Piano, Managing Art School etc….